外国人に抱く理想と現実のギャップQ&A

外人の方に様々な幻想を抱く人は多いです。
例えば、

  • 高身長
  • イケメン
  • 美女
  • スタイル抜群
  • 白い肌
  • 青い瞳
  • ブロンド髪
  • 社交的
  • オシャレ
  • コミュニケーション能力が高い
  • ディベート能力が高い
  • 情熱的

などなど。

特に日本人にない特徴に強い憧れを持つ方も多いと思います。
こういった所謂「理想」と「現実」の差はどうなのか?現実とのギャップはあるのか?どれくらいあるのか?についてあくまでも経験則ではありますがまとめました。

外国人に対する理想と現実

長身・イケメン・美女が多い

まず、長身の件ですが、身長は日本人平均と比べれば大きい人は多いです。これは統計などデータでも表れていることなので間違いがないところだと思いますし、男性女性ともに大きい人は多いです。

日本人は比較的身長の低い人が多いため、高身長の女性を毛嫌う人もいると思いますが、外人はあまりそういうのはない印象が強いです。

身長の高い女性と低い男性のカップルなんてごまんといます。元々身長が高いこともあってか、そこに重きを置いていないようです。

イケメンや美女の定義は人それぞれなので難しいですが、堀の深い濃い顔は日本人から見るとカッコよく、そして美人に見えやすいです。可愛いというより、カッコいいが色強い感じですね。

人種的な顔の特徴の違いはやはり「The grass is always greener on the other side of the fence.(隣の芝は青い)」というように日本人の薄い顔に見慣れているとカッコよく写ります。なのでイケメンや美女は多く感じます。

総じてレベルは高いと思いますが本当にイケメン・美女(映画に出てくるような外人)はほんの一握りです。

白い肌・青い瞳・ブロンド髪が多い

これは正直あまりいないです。
北欧など北ヨーロッパ地方に行けば多いとは思いますがアメリカ・ヨーロッパを含め、肌が真っ白な外国人はあまり見かけませんし、ブルーの強い青い瞳を持った方もそれほど多くはありません。青みがかった瞳の人は意外と多いです。また、ブロンドの髪(金髪)も意外と多くはないです。茶系の色の髪をした方はそれなりいますが、かなり黒みがかったブロンド髪が多いです。

これは地域による部分が非常に強いので肌の白い人が多い地域・瞳が青い人が多い地域・ブロンド髪が多い地域は偏っていると思います。

おしゃれかっこいい

これは高身長や濃い顔による部分がそう感じさせているのではないでしょうか。
身長が高いと結構何を着ても似合うところはあるのでスラっとした細身の高身長の男性・女性はおしゃれでカッコよく見えます。

社交的

外人と言えばフレンドリーでコミュ力(コミュニケーション能力)が高く、気軽に誰とでも話す印象を持つ方も多いと思います。実際に陽気な方もいれば、陰気な方もいます。
これも国や街によるところが大きいです。
日本でも都会の人は冷たい、田舎の人は温かいと感じるように外国も同じですね。

ただ、結構人のことより自分のことを中心に考える所謂自己中な方は多いです。

マザコン

家族を大事にする方は多いです。家族というより、特に男性の方は母親を大切に思っている方は多いです。日本人と比べると母にベッタリな方は多いですね。

時間にルーズ

仕事の面ではしっかりした方は多いですが、プライベートとなると時間にルーズな方は多いです。あまり計画的に動くという人が少ないのかもしれません。

働き過ぎない

これは上の家族を大切にする人が多いところに繋がる部分だと思いますが、ON/OFFの切り替えをしっかりやる人は多いと思います。

さて、ここからは興味があるかわかりませんが下ネタに入ります。

おちんちんが大きい

外国人=巨根のイメージは強いと思いますが、私の経験や友人の話から聞くに口を揃えて言うのは「大きいけど柔らかい」です。
確かに私自身も付き合った外人男性は日本人よりアレは大きかったです。でも、硬さは本当にないです。本当にふにゃふにゃの方もいました。

日本人男性は元が小さいけれど膨張率が世界トップクラスという話を耳にしたことがありますが、それもあってかカチカチなのかもしれません。

夜が情熱的

私の経験ではそれほど変わらないというのが答えですが、友人は情熱的という子が多いです。あまり恥ずかしがらずに行為を進めるため、そう感じる部分が強いのかもしれません。後は、雰囲気作りが上手で前戯に時間をかけてくれるため、求められている実感と言うのは強く感じるところです。

最後に

書いていて思いましたが、まとめるのはとても難しいです。
というのは個人差がとても大きいからです。これが全て当てはまるなんていうことは100%ないのでそこは注意してください。ただ、経験則からこういったある程度の傾向はあるので、一つの参考にしてみてください。

日本人は若く見えるけど中身が子供だとモテにくい。自立した女性はモテる

30代の売れ残り女性に外人の彼氏はいいよとお伝えしていますが、勘違いをすると結構痛いので念のため注意点として書いておきます。

外国人の彼氏との出会いから現在までの軌跡」の中で紹介した通り、日本人女性を含む日本人、いえ、アジア系の男女は白人や黒人などの外人の方と比較すると顔は幼く見られやすい傾向は本当にあります。

でも、気を付けなければいけないのは「外国人から見れば」という話です。やっぱりちやほやされてしまうと盲目的になってしまうのが人間ですからね。外国人からは若く見られたとしてもやっぱり同じ人種でもある日本人から見れば多くの方が年相応に見えるものです。

「どこどこに行って外人から何歳って言われたんだ」これはあなたじゃなくてもみんな言われていることだと言うことです。

あとは、若く見られることがいいことなのか?と言えば必ずしもそうとは言い切れません。外人の方というのは日本人と価値観が全く違うこともあります。

例えば、この見た目的な若さという意味では日本ではとても重要視されているような風潮がありますよね。もちろん全員が全員そうではないとしてもです。年を重ね、仕事をバリバリこなすようないわゆる「できる女」なんてのはすごいんですが、どうも敬遠されがちな部分もありますが、外国ではこういった女性はとても人気があると言います。

ちょっと外人男性が好むといわれる女性の特徴をまとめてみます。

外人男性が好む女性像

1.自立している女性

外人男性でここをポイントとして挙げる方は多いと言います。
日本では30代にもなると売れ残りとか負け犬みたいな印象を持つ方も多いですが、外人から見れば30代でしっかり自立して生活できている(家事ができる、収入がある)というのは魅力的に感じるようです。

単に若い若くないではなく、しっかりとした女性は好まれやすいということですね。

2.信念を持っている人

信念というと少し大げさではありますが、自分の軸というか、周りに流されず、しっかりと自分の中で意見を持っている人、そして、それを必要なときにはしっかりと主張できる人というのは憧れ、尊敬の対象としても見られるようです。


日本と外国の価値観の大きな違いに「お金」というのもありますが、日本ではお金持ちはなぜか嫌われますが、外国では尊敬されるのと同じように、ON/OFFどちらでもしっかりした「できる女」はモテやすいのかもしれませんね。

当たり前ですが全員が全員ではなく、人それぞれ思考も嗜好も違うのであくまでも一つの例ではありますが、参考程度に頭の隅に置いておくといいかもしれません。

これは外人男性が自立した女性を好むというのもあるのですが、若く、まだ自立できていないような女性はあまりモテないということもあります。若く見えるというのは幼く見えるということでもあり、外見的な要因での自立性を消してしまう場合もあります。

若く見えることが必ずしもプラスに働くというわけではないのでここは注意した方がよいかもしれないです。

年を取り、落ち着き、自立した女性、それでいて、見た目もアジア系特有の若々しさがあるような女性はモテるのでちやほやされて子供じみた行動をしないようにするのも大切なことかもしれません。

外人の彼氏を作るには英語など外国語がペラペラである必要はあるの?

外人彼氏を作るにしても、「私英語(外国語)なんてできないし」と簡単に諦めてしまう人も多いと思います。そんな外人彼氏を作るために英語力(外国語力)って必要なのかについて私なりに経験をもとにまとめてみたいと思います。

※以下英語力として書いていきますが基本的にどこの国の言葉でも同じだと思います。習得の難易度は多分かなり違うと思いますが。

まず、英語力が必要か必要じゃないかで言えば、あるに越したことはないというのが正解なんじゃないかなと思います。別になくったって彼氏を作れちゃう人は作りますし、英語力があってもできない人はできません。

外人男性とコミュニケーションがとりやすくなるというのはやはり最大のメリットになるので喋れないよりは圧倒的に喋れた方が関係は作りやすいのは間違いないですね。特に「出会う」ということに関して言えば、英語力なんてほとんど必要ないと思います。だって、出会うだけなら別に喋れなくったってできますよね?出会った後に関係を作っていくのにはやっぱり多少なりとも言葉というのは大事かなと思います。

全く喋れないと相手が何を言っているのかもさっぱりわかりません。そりゃボディーランゲージなどでもある程度の心情は読み取ることはできますが、全く何を言っているのかわからない状態から恋愛感情が生まれるのかと言えば一目ぼれ以外はなかなかないんじゃないかと思います。でも、ペラペラである必要があるのかと言えば必ずしもそうではないです。

ちょっと喋れる。他にも辞書を引きながらなら話せる。これだったら誰でもできると思います。例えば最近であればスマホアプリなどで言葉を特定の国の言葉に変換できたりもしますよね。ああやって不器用でもコミュニケーションが取れるのであれば、別に喋れなくても彼氏作りは可能だと思います。

なので、英語力が必要なのか?と言われれば必要と言えば必要だけど、出会ってからコミュニケーションをとりながらでも学んでいけばいいというのが答えかなと思います。あなた、もしくは相手の男性、どちらかがどちらかの言葉を学ぶ意思がなければ厳しいですが、どちらかが言葉を学ぶ意思を持てば十分彼氏作りは可能です。

また、最後にちょっと補足的に思うことを。
外人の彼氏を作ろうと思ったとき、上でも書いていますが、当然「出会い」がなければ彼氏なんてできません。当たり前です。出会っていない人と恋なんてできません。

なのでまずは出会わなければいけません。ここで英語が喋れないと英語の勉強から始めなきゃ!と考えてしまう人がいますが、むしろ逆でいいと思います。要は、英語を覚えてから出会うのではなく、出会ってから覚えるということですね。

順序逆だろってツッコミが入りそうですが、これって意外と有効だと思います。

例えば、英語が喋れる人は喋れる人で言葉が通じるだけに意外と緊張してしまってうまくコミュニケーションがとれないという人もいます。意思疎通ができるからこそ人見知りが出てしまうみたいな感じでしょうか。

その点で全く喋れない人は相手が何を言っているのかわからないからズカズカと相手の懐?に入っていけます。この勢いって恋愛にはとても重要なことなので、喋れない人には喋れない人なりのメリットがあって、意外と「出会い」という面においては有利かなとも思います。同世代の男性は初めて話すときに緊張してもおじいちゃん世代の男性は緊張しないみたいな感じでしょうか。ちょっと違うかな。

ただ、こういったこともあるので外人彼氏作って英語習得してやる!くらいの気持ちの方の方が意外と彼氏作りはすんなり行くんじゃないかと思います。