日本人女性と外国人女性の顔や体、見た目の違いについて

外国人の彼氏がほしい、外国人の彼氏を作りたいと思ったときに外国人男性に好かれるような女性であること、意中の男性に好意を抱かれる女性であることは思いの外重要です。(当たり前)

でも、下手に外国人男性に好かれる方法を探すよりもやはり一番いいのは自然体のあなたを好きでいてくれる男性に出会うことです。(当たり前)

ここでは、一般的な日本人女性と外国人女性の見た目やスタイルの違いを紹介しますが、人種的な違いもあり、そもそもが違うので外国人と比べて優劣を競うのではなく、違いを認識し、あなたらしさをアピールできるようにしましょう。要は比べても意味がないということです。でも、違いは知っておくと単純に面白いものです。

日本人女性と外国人女性の見た目の違い

外国人と言ってもお隣の中国や韓国などアジア系は見た目の特徴がよく似通っているため、よりはっきりと違いがわかりやすい欧米人との比較になります。

1.顔

日本人の顔の特徴としては、円らな小さな瞳に低い鼻、彫の浅い丸顔の方が多いです。外国人は大きな瞳に大きく高い鼻、彫の深い面長の顔の方が多いです。一つ一つのパーツが大きくはっきりした印象があります。ここに憧れを持つ日本人の方は多いですよね。

でも、日本人のツルンとした顔の特徴はベビーフェイス効果とも言われる赤ちゃん顔の特徴があり、外国人からは年齢以上に若く見られ、憧れを持つ外国人の方も多いです。

人は顔じゃないと言いつつも顔で判断する方は多いですが、顔の好みというのは本当に千差万別、違いしかありません。そもそも国によって美の基準が違い、美しいとされる女性の顔にも違いがあります。なので外国人と付き合う場合はあまり気にする必要もないと思います。

2.体

体は環境や食べ物の他、先祖代々から受け継がれてきた、遺伝的な情報により変わります。

日本人は線が細く、身長の低い方が多く、肥満体系の方もほとんどいません。外国人は骨格ががっしりしており、身長も高い方が多いです。主食の違いや食環境の違いもありますが、肥満体系の方は多いです。

また、女性を強くイメージさせる胸(バスト)の大きさは日本人と外国人のそれを比べると日本人の方が小さい傾向があります。

胸は脂肪と乳腺からできていますが、その割合が外国人は多いと言います。また日本人は小さく、おわん型でやや硬めなのに対し、外国人女性のバストは大きく釣鐘型で柔らかいと言われます。

余談ですがワーホリ中に外国人の女友達のおっぱいを触らせてもらったことがありましたが大きくて柔らかいので気持ちよかったです。もちろん小さい人もいますけどね。

遺伝的、人種的な違いが一番ではありますが、食生活や生活様式の違いからこういった違いが生まれたのでしょう。

3.目の色

日本人は黒、欧米人はブルーやグリーンなど色味のある瞳を持つ方も多いです。
目の色の違いは主にメラニン色素の量によるもので、メラニン色素が多くなるほど黒くなると言われています。また、このメラニン色素は紫外線から目を守る役割があり、日本人など欧米人よりも赤道に近い場所に住んでいる方は紫外線から目を保護する役割もあり、瞳が黒く進化したと言われています。

4.肌の色

肌の色も目の色同様にメラニン色素による違いが関係していると言われています。基本的には紫外線の強い赤道直下の暑い国ほど肌が黒く、赤道から離れるにつれて人の肌の色は白くなっていきます。そのため、日本人は黒と白の中間的な黄色人種とも言われる肌の色の方が多く、外国人は白系の方が多いです。

まとめ

体の特徴は遺伝的な情報を得て長い年月をかけ環境に適応してきた証でもあります。違いなど気にしてもどうにもなりません。

例えば、あなたが外国人に対してコンプレックスを抱いていても日本が好きな方や日本人女性に魅力を感じている方に出会うことで外国人との違い、個々人が抱えている優劣の差というはなくなります。

美しさとはある意味でバランスなので、日本人には日本人に合ったスタイルでいることが日本好きの外国人にモテるためのコツとも言えると感じています。

面白いのは日本人は外国人に憧れを持ち、外国人は日本人に憧れを持つ方は多いということです。人は遺伝子的に自分と違う人を求める傾向があるとも言われており、自分にない特徴を持つ外国人の容姿に憧れを持つ方は多いです。